2016夏休みツーリング 東尋坊〜清泉寮2016年11月16日 22時31分44秒

1日目

9月3日から夏休みだった。

3日に神戸まで行って夜中にフェリーで小豆島、一日走って翌日姫路へ渡って…と考えていたが、台風がきた

そのまま行った場合日曜までは大丈夫だろう、ただ、月曜の姫路は絶対無理な気がすると思った。
ただでさえ「天気悪かったらバイクのせねーぜ」「車いっぱいだったらバイクのせねーぜ」って書いてあるフェリーだし乗せてくれない確率のが高いと思い諦めた。

また神戸へ戻ればいいんだけど朝っぱらの7時に乗りたくないという我が儘もあって小豆島自体をキャンセルした。


土曜になって台風の進路みつつ「小豆島行きたかったよ〜」と愚痴りながら後半水曜あたりから宿はそのままでツーリングに出かけようと思った。
が、月曜瀬戸内海は不味いかもしれないが東尋坊行けないか?
と、ちょっと思った。

3日目に東尋坊の予定だった。そこも宿はキャンセルしてあったが、1日早めて行けないだろうか?
明日は晴天のようだし、おそらくあっちは月曜も持つんじゃないか?と。

慌てて支度して宿入れなおして翌日4日日曜に東尋坊に向かった。
三方五湖も行きたいな〜なんて考え多少時間がおしてるけど行ってみるかと。
最後のSAでガソリンを入れるかどうか迷ったが「下に降りればあるだろ」と気軽に考えたらなかった。
三方五湖のレークセンターで聞いたら3店あって交代で日曜営業してるよと教えてくれたが、通ってきた際気が付かなかった。

20160904-1

………時間がおしてる、このまま三方五湖ぐるりと回ったら東尋坊が危うい、と思いそのまま東尋坊へ向かった。

高速に乗ってSAまで大した距離もないから行くか、と思ったらいよいよ怪しいことになった。
ってかメモリ半分きったあとのスピードが何か今までよりむちゃくちゃ早くなってるような?

迷ったけど敦賀で降りた。
気比神宮方面へバイクを走らせたら「あった!!!」出光があったーーー!!!
すんごい嬉しい。

満タンにして出発。本当は気比神宮にも行きたかったが、東尋坊優先。
今回のツーリングはずっと行ってみたかった「小豆島」と「東尋坊」が目的だったから。

20160904-4

スマホナビに案内されて東尋坊へ着いたはいいけど、バイクどこにおこうか?いっぱいとまってるとこあるけど、それこそバイクはこれ以上入らなそうだし、と思ってふらふらしたら出口近くまできてしまった。
バイクおいて目の前の駐車場の人に「バイクとめられるとこありませんか?」ときいたら「ここいいよ」と言ってもらえた。コーンをどけて「こっちとめて」と。ありがたや。

バイクを置いて水買って崖まで行った。

20160904-10

サスペンス劇場のようなことはカケラもなく、何て明るくて人の多い観光地。
20160904-9

まあ、そんなもんだ。

20160904-7

迷ったけど、遊覧船に乗って一周。
20160904-8

結構よかった。
下から見上げるっていうのも悪くないね。

20160904-5


20160904-6

そのまま宿に向かって本日は終了。


20160904-3
へ…部屋が広い。

温泉で巨石に足ひっかけること数回。
なんでしょうね、我ながら。

夕飯
20160904-2
膝壊してるとこの食事処はつらい。

正直記憶があまりない。
あまりに時間がたちすぎてて写真みるまで部屋も忘れてた。


走行距離 : 641.6km

福島ツーリング2日目2015年05月09日 19時27分13秒

5月3日

朝食を終えて10時のんびりと出発。
今日はそれほど距離がないのでノンビリしたもの。

R115土湯バイパスで土湯温泉から福島IC方向へ…
fukushima2-11
対向車線がえらい混んでるな……これ戻って来る時大丈夫か?

左折してフラワーラインにあるさく・ら・ぱん (Saku le pain)へ。
fukushima2-4
福島へ来る前にパン屋の情報をチェックしていた。
こんなに宿近くにあるのはラッキー、しかも評判もいい。
明日東京へ帰るので配送で食パンとチョコパンとフランスパン系のものとチーズベーグルを購入。
食べていくものとしてバナナとカスタードのデニッシュ、カフェラテ。

友人には「あれだけ朝ごはん食べたのに…」と言われたけど、お菓子みたいなパンだし。
甘い物は別腹っていう場合もあるし。
ほかにも何種類か買って途中ランチとして食べようと…。


さっきの渋滞はどうなったか?と思いつつフラワーラインを出ると割とすぐ渋滞になった。
fukushima2-12
ドラッグストアのある交差点過ぎたらこれ。
こんなとこまで車が?!


ちまちま進んでいるとセブンイレブンを過ぎたあたりからサクッと進むようになったので、
「あんまりひどかったら引き返して高速で」という引き返す案はなしに。(まぁ高速も速度制限表示があったので)

磐梯吾妻スカイラインは今日もガスで通れないので結局昨日と同じルートで抜けることに。

fukushima2-14

そのままR115でもいいんだけど…と下手くそな私はちょっと思っていた。

天気もいいし、気持ちよく走れるし…だったけど、意外に時間がおしてきている。
ゴールドラインを下って道の駅磐梯で昼食?
fukushima2-13

朝買ったパン♪
fukushima2-6

ここからは磐越自動車道2区間を使って磐梯河東で乗って磐梯熱海で下道で宿まで。
R49に入ってとりあえず給油。

R29に曲がってあとは多少曲がるけど,ナビもあるし、迷うこともなかろ…と思ったけど迷った。
はて?
fukushima2-5

農作業してる中走ってR292,R294…
fukushima2-15
道の駅 季の里天栄でトイレ休憩、R56からR289に入ってようやっと安心。
このままあとは宿までまっすぐ。
fukushima2-10

のはずが、友人のナビが左折しろとのたもうたそうだ。
左折したけど、元の道へUターン。

R289沿い、宿に到着
fukushima2-16
何気に昨日よりも宿に着くのが遅かった。
…パン屋寄ってたせいだよねぇ。

甲子温泉
fukushima2-9

宿の方は……うん、狭いね。
本当にビジホのようだったよ。

1階の部屋を除いたときにツインベッドと和室になっているのが見えたので2回は和室とツインベッドの部屋で分けたのかな?

ごはんもいまいち。
fukushima2-1
茶碗蒸しとかは普通に美味しかった。

fukushima2-8

鯉の甘露煮
fukushima2-2
思ったよりは美味しかったけど、これだけ甘いのは一口でいいかな。


fukushima2-3

この左のレンコンがあるところは酢の物
fukushima2-7
ここに入っていた1枚の刺身は鍋のすみっこに…。
残りは友人に。

もくもくと食べていると順番にごはんと味噌汁が配られていった。
お隣のご夫婦?旦那さんが味噌汁一口飲んで「インスタント」と一言。
うん、全体的に美味しくはないんだよね。
まずくもないけど。

そして近所のおばちゃんのパート的なお仕事がなんとも。

温泉はよかったけどねぇ…。
私は脛に打ち身の痕があるんだけど薄くなった気がする。
前に羽鳥湖の温泉の時もその黒いところの皮膚がペロっと剥けたこともあるので、このあたりそういうのに効くのかな?

これで24時間風呂やっててくれるといいのに。
残念。

福島ツーリング1日目2015年05月06日 20時52分32秒

4月28日にゴールデンウィークが休みと決まったので久々ツーリングへ…と思ったら宿がなかなか取れなくて…、友人に便乗させてもらいました。

2日土曜朝5時に出発。

首都高で工事渋滞……。
何?と思って通りすぎる時に見たらハンガーの山。
友人が「カラスの巣の撤去」と………。
え〜……?!この時期に?。

とりあえず東京に近い方のSAには寄らず少し先まで出来るだけ進んでおこうという事で走っていった。
途中降りるまでに東北道で2度、磐越で1度休憩。

那須SAでは朝食?で白河ラーメンを。
………麺はね、美味しかった、でもスープ甘いのはヤダ。

東北道は完全に止まってしまうような渋滞もなく磐越道に入ることができた。
磐梯山SAで休憩。
fukushima1-1
桜がまだ残っていた
fukushima1-12
磐梯河東ICで降り、そこからゴールドラインへ。
バイクに乗ること自体が久々なうえに元々へたくそなので、まぁ時間がかかるわ、上るのに(-_-;)

コンビニ休憩後、レイクラインを経て宿へ行く予定…だったが、間違えてアスピーテライン入った。
fukushima1-2
展望台…なんつーか、虫がすごくて、コバエがすごくてヘルメットとるのがいやだったのでそのまま。

無線で友人が「なんで米沢の看板表示があるんだろうねぇ…間違えたかも?間違えた!」となり戻ってレイクラインへ。

途中、中津川レストハウスで休憩。 
fukushima1-14
ここもまだ桜が残っていた。

ソフトクリーム購入。……ちっと残念。私はクリームが好き。
氷っぽいのはちょっと残念だった。

R115へ。あとはひたすら土湯温泉を目指す。
fukushima1-15

本当はレイクラインの福島IC方面、フラワーロードにあるパン屋でコーヒーでも飲んでチェックインの時間まで時間を潰すか?なーんて言ってたけど、問題ない、直行だ!となった。

チェックイン4時の予定だったけど、3時ちょいには宿に到着。
宿は坂道の途中にある、蔵王に行った時もこんな感じの急な坂で道幅は狭めで…って感じだったけど、温泉地はこういう坂で道幅なく宿が建っているの多いのかな。

fukushima1-16

バイクは宿の玄関脇にとめさせてもらいました。
fukushima1-13

車の人たちは玄関前までくると係の人が車を移動させていたのがびっくりだった。
宿は松雲閣

古めの宿なのでエレベーターとかが「古い」って感じのガコンって音立てて動くやつ…(なんだそれ)

部屋に入ったらウェルカムドリンク(?)で甘酒
fukushima1-11
ライダーズピットの手拭い、
fukushima1-3
夕飯時にはワイン1杯サービスだそうで。
(本来は予約時にライダーズピットのHP見たって言わないとダメなようですが、頂きました。友人も提携とは知らなったようで驚いていました)


夕飯前にひとっ風呂、温泉が地下で階段だったのが地味にしんどかった。
いま膝壊してるので割と上り下りしんどい。

お湯はよかったけどね〜。


さて夕飯です。
fukushima1-5
食前酒に梅酒、サービスのワイン。
紙をとると↓お刺身。
fukushima1-6

蓋をかぶっている2つの鍋はポトフとステーキ?と言っていいのか、焼き肉か。
fukushima1-7

fukushima1-8

蕎麦…このあとごはんいかかですか?って無理ですな。
fukushima1-10

デザート
fukushima1-9
左上 こんにゃくの桃ソース

おなかいっぱいで部屋に戻って横になってなお苦しい。
温泉行きたいが動けない(-_-;)


志賀草津高原道路 帰り2014年05月17日 22時19分25秒

4日

朝温泉に入ってから朝ごはん。
朝ごはん
おお、シャケに明太子、ごはんのおかず!


朝ごはん3
お豆腐


朝ごはん2
温泉たまごに林檎の入ったヨーグルト。

この温泉たまごが好みだった。
黄身が流れ出ないけど半熟で結構しっかりしたタイプ。


ご飯のあと珈琲を飲んでノンビリ。


チェックアウトが11時なのをいい事にギリギリまで支度。

ついでにルートもイキナリ決定。
何もしないのなんだから、小布施で観光して途中でピザ食って帰ってこよう、と。
ピザ屋のHPチェックしたら別にGW休みって書いてないし、貸切ともないし。



昨日も行ったけどまた志賀草津高原道路へ。
昨日よりちょっと混んでる?

昨日は横手山ヒュッテでUターンしたけど、今日はこのまま抜けて湯田中方面へ。

友人の車載動画はビデオのバッテリが切れてしまったようで…。

これ横手山越えて下り、コッチの方が雪の壁が多いし長いし。
こっちのがいいじゃん?!


途中道の駅「北信州やまのうち」で休憩。
物産コーナーで林檎の乾燥したのを発見。
乾燥アップル

さらに外に出た時に天然酵母パンを売っていてひっかかってしまった。
普通の食パンとチーズパンとりんごのパン。
焦がしたパン
冷凍してあったのを焼いた↑ 焦がした。
パン自体は割りと好き。

食パンも噛めば噛むほどって感じでチーズとかハムとかとあわせるのがいい感じ。
ジャムって気にはならなかった。
石窯ガーデン粉々(CoCo)


しばし休憩して小布施へ向かう。

小布施に着いたら着いたで混んでいる。

ナビは北斎館に設定してもらってある。
504-1
こんな路地入るのか…と思って曲がったのはいいけど、当然混んでるし駐車場空いてないし…

友人が係りの人から何やら説明を受けて紙を受け取っている。
小布施1
(道路挟んで向かいにあった建物)

バイクを止められる空いてそうな駐車場の地図のようだ。

友人にくっついて走っていたら学校のグラウンドだ。
ええ?!と思ったけどスッゲー車が並んでるし、フェンス際にはバイクも3台ほど停まっていた。
小布施2
これ左切れてるけど3列くらいにわたって長々と車がとまっている。

中学生は部活してるんですが……。
いいのか…これで。


さて、観光と歩き出したのはいいけど、
何せイキナリ決めたので小布施に何があるのか知らない。
北斎館は名前だけは知ってたけど、他に何があるのか全然。


とりあえず栗があるってくらいしか知らない。

何か地図ないかな~と思いつつ来た道を戻りつつ歩く。
小布施3

何だか分からないけど他の観光客が「あ、あの煙突だよ」とか言っているのを聞いて訳も分からず写真に収めてみる。
小布施4
この煙突を正面に見た時左にあるのが↓の家
小布施5

実際観光する場所自体は少ないのかな、地図をゲットして見ると通り1本でほぼ終わっているんじゃないかと。


とりあえず栗のソフトクリーム
栗ソフト
これはちょっとあんまりじゃないだろうか?

友人は栗のクレープ(しかも栗アイス入りの)も食べる。

その後はじっこまで行って戻って行きに目をつけていたジャム屋さんへ。
jam




その後竹風堂へ戻って栗おこわを買って、3時から4時目安にピザ屋へ。


友人のナビに従えばこのまま裏道でいけるかな~なんて甘い事を考えていたら、国道18号へ案内されてしまった。
あう~…距離的には18号のが近いのか……。

18号は長野市がえっれー混むのを知っていたので避けたかった。
が、仕方なし。
おとなしく渋滞にはまる。

着いたのは4時近くだったけど、どうも様子が変だ。
と思ったら予約客しかダメよん、ってことのようだ。


………電話しないのも悪いけどさ、HP持ってるんだったらそういうの書いといてくれないかな。
電話好きじゃないし。

何度かきたことのある屋代駅近くのラ・フォレという店。
残念だった。
しょぼぼぼぼ。
ここをメインにしてたので腹が減ったよ。

お強食いたい様な気がする…。


坂城ICで乗って東部湯の丸SAでご飯。
ちょっと悲しい。
そして軽井沢あたりが工事渋滞なので佐久で中部横断道へ。
終点で降りてR254.。
道良くなったなぁ……。

暗あああくなって来たのでクネクネしてる道だと先が見辛い。
目がついていかない~。

まぁそんな混んでないのでノンビリと走ったけど。

下仁田ICで乗って上里SAで渋滞解消を待つために長ああい休憩を。

が、しかし。
さすがGWというか全然空かない。
10時過ぎても一向に。
多少東京までの時間表示を見ながら数字が減ったあたりで行くか、と重い腰を上げる。

実際さほど渋滞ではなかった。
基本止まらなければ、クラッチ握ったままにならなければ大丈夫。

家戻ったのは日付が変わっていた(らしい)


志賀草津高原道路 行き2014年05月13日 23時03分09秒


5月3日 朝4時に家を出る。
首都高を通って外環、関越へ向かうが首都高から外環に入ったところで軽く渋滞、関越も川越から渋滞だと電光掲示板がのたまっている。

ちょうど川越の出口手前で渋滞が始まった。
12km70分(くらいだった)動かないのはつらい。
珍しく意を決して下道に下りた。


下道は動いている。動いているだけでストレスがない。

もしかしたら渋滞に巻き込まれているのと同じくらいの時間走ったかも知れない。
でも何となくすっきりしつつ東松山でまた関越に入った。

あとは渋滞と言えるようなものはなかった。
渋川伊香保まで行って下道へ。

目指すのは志賀草津高原道路の雪の壁。

だがしかし、まだ雪あるのかなぁ?
と思いつつ走って行く。

道の駅 草津運動公園茶屋 で休憩。

がああああん
折れた
トップケースの中のゴム↑ 止め口が…折れた

ついでにスマホのマイクロSDがぶっ壊れた……。



こ腹が空いたね…、焼きまんじゅう。
うん、ちょっと悲しい、タレが甘すぎ。

まだ9時か…と暫く休憩をしつつ結構車やバイクの通りが激しくなってきたので出発。



友人は会津の雪の回廊に行った事があるのでどっちが凄いのかなぁ~と楽しみにしている様子。


私は壁になるほどまだ雪あるのかなぁ…?だった。


渋滞はしてないけどそれなりに車も走っているのでノンビリと走って上って行く。

あるところに来ると途端混雑してる、と思ったら雪の壁が出てきた。
雪のかべ2
行き↑
帰り、下ってくる時↓
ゆきのかべ

しっかし、汚ねぇ雪だな…仕方ないだろうけど。

ただ雪の壁がいまいち数メートルで終わるし、壁と言うほど高くもないし、汚いし、うーーん?
友人はこれはガッカリ…と。


白根山の所まで走ってきたら渋滞。
なかなか進まない。
駐車場に入る人たちの整理とかでごった返してる。

私らは通り過ぎて横手山ヒュッテの方まで走って行った。

503-2
いい天気出回りが見渡せるのはいいね。

しばし休憩したあと、また白根山へ。
バイク置き場

時間もあるしねぇ、休憩…というか上ったさ。
503-1

この石を散らしたコンクリの階段やだなぁ、スッゲー足疲れるんだけど。
503-3

端にある土が有難い。

503-17


下ってレストランで昼ごはん。
多少早いんだけど、まぁ珍しく早め早めの行動で。
503-5

あとは下って宿に向かうだけだけど、うん、チェックイン3時からだしなぁ…。


天狗山レストハウスに入って時間つぶし。
天狗山レストハウス

とりあえず、珈琲

ひたすら時間をつぶし、そろそろ行くか、と重い腰をあげた。

…と出発したら道間違え~。


正しい道に入ったけど、四万温泉に行った時の宿の自販機が普通より高かったので万が一を考えて買いに行くことに。

503-19
宿の前通り過ぎ~。

宿の飲み物は普通の値段だったので別に買いに行かなくても大丈夫だった。
(最近はこっちの普通の値段に慣れていたので四万温泉の宿でビックリした)


宿


全室禁煙。
それは有難い、珈琲も無料でロビーで飲めるようになってる。

たださすがにGW価格が凄い。
普通より4000円くらい高いんじゃないかな。


普段の価格でこれなら納得の★の数4以上、5未満だけど、
このGW価格で判断すると布団の上げ下ろしを自分でする分そこまで評価はあがらない。
まぁ基本部屋に入られるより自分でやった方がいいけどね~、17800円だと思うと…。

夕飯は美味しかったし、品数もあった。

夕飯8

キャベツはおかわり自由。
夕飯9
味噌つけて食べます。
何味噌だっけな、甘辛いやつ。


夕飯6
あ、ラッキー銀杏2個入ってる


夕飯7
刺身こんにゃくが美味しい。
刺身自体も美味しかったそうです。
私はキライなので食べてません。

夕飯5
牛つみれが美味しかった、ただ蓋がないので、ネギが生のままに近かった。


夕飯3


お好きなのお取りくださいとの事でした。
夕飯4
臭みもなく美味しかった。


夕飯2

デザートの抹茶プリン
夕飯1
森半の抹茶プリンの元使ったみたいな味。


温泉も良かったし、浴衣もLLがあったので丈も十分だった。
ちょっと熱めかな?と思っても入ってるうちにすぐ慣れる。

部屋も広かったのでノンビリくつろいでました。

四万温泉 湯元 四萬館2013年11月13日 20時55分58秒

11月2.3日で泊まりで行ってきた。

朝東京駅から四万温泉号という長距離バスに乗って。

最初バイクで行こうか?と言う話をしていたんだけど、3連休で関越だから早起きしようね、早めに出ようね、という話から何だかコロコロと変わって……。

関越は案の定渋滞、でも渋滞って乗ってるだけだと気にならないんだよね~、
運転してると腹立たしいけど。


渋滞してるし臨時増設バスだったのでトイレがついてなくて渋滞はまる前にトイレ休憩、予定通り上里SAでも休憩。(トイレ付のバスは先に行った)

四万温泉入口、こっから温泉街。
これ温泉街狭い、こんな大型バス通ること自体が信じられないくらいだ。


宿に素直に向かうなら温泉入口というところで降りるのが一番なんだけど、
時間もあるので終点四万グランドホテル前まで。
とりあえず、渋滞にハマって予定より1時間くらい?遅れて到着。

そこから川沿いを歩いて降りる。
1102-2
まだ紅葉には少し早いような感じ。
1102-8

そこを道なりに下っていけば時間も適度に潰せるし、いいよね、ってことで、
まぁ歩いても大した距離なかった15~20分くらい?
飲泉
乾麺のうどん茹でた後っていうか……。うん。


事前に四万のHP見たらスイーツフェアをやっていた。
チラシ印刷して持ってってちょっとばかし楽しみにしてた、…というか、これくらいしかないかなって、……バスで行くと現地で足がないからね。

スイーツのチラシ兼地図を眺めつつ「この先少し行くと焼きまんじゅうの店」
島村商店 210円
焼きまんじゅう
私は焼きまんじゅうが好きだ。
大昔まだ小学生かそこらの頃、親戚がお土産に持ってきてくれたことがあって、それが気に入った。
今も変わらず気に入っている。
五平餅も好きだしこの手の甘じょっぱい醤油味噌みたいなタレがついたものが好きみたい。

愛想ないね、お店の人。
機嫌が悪いのか、一言もしゃべらずクイッと手で示しされ、
テーブルのあるほうへ回ってお金払って…。

声きかなかったよ。
美味しいけどね。


コーヒーとか飲みたいね、ってことで
島村商店向かいに喫茶があったんだけど、何となくハシゴでまん前に行くっていうのが出来なくて……。
ちょっと歩いた所に銀泉茶屋っていうところもあるみたいだしそっちで…と思ったら閉まってる。
まだ2時半?くらいだったんだけど?閉店時間じゃないよ?

仕方ないのでそのまままた下って行く。
1102-7
水の青が綺麗
1102-4

反対側を歩いていたんだけど、何か白い花が咲いてる、と思って近づいたら綿?!
1102-6

途中コンビニがあったので、そこでちょっと飲み物を仕入れたりつまみ買ったり…。


3時前だけど宿近くまで来ちゃった…。
四万館
でもこの先にも喫茶あるみたいだからそっちへ行ってみようと………。

柏屋旅館の和のスモアなるもの、マシュマロを焼くそうだ…。
そこで少し時間潰せばいいかって考えたんだけどねえ、
料理人来てなくて出来ないそうです。


とりあえず旅館にチェックインしてお風呂へ。

貸切が5つあるんだけど、1箇所洗い場がない。
階段降りたらスグ風呂という……(^_^.)


大浴場も洗い場と風呂の間隔が狭い、湯かけたら湯船にいきそうで…。
しかも3つしかないじゃん?

でもここで使ったボディシャンプー、いいにおい。
りんごのボディソープ
瓶に入った透明なリンゴジュースみたいな匂い。

夕飯~。
夕飯

たらふく食って一休み。

友人が風邪で熱を出した、水とかスポーツドリンクを買いに自販機へ。
……………500ml200円?
何それ。きょうびそれはないだろう………。


外に出るけど近所に自販機見つけられず、ってか暗いよね。
仕方ないけど。

まぁ水道水飲めるから水はそれ飲んでました。
お茶はあるし…。


私は11時くらいにまた貸切露天風呂へ。
1つ使用中で他は空いてた。

入った所がお湯も熱めで良かった。
さっき大浴場はぬるかったから……。

出たら他のところも全部空いてたのでどんな感じなのか中を見てまわって満足(?)

全部とりあえず入りたかったけど、今日はもう無理だな~。
割りと長く入っちゃったし。


翌朝 友人の熱も下がり、朝食へ。
朝ごはん
上の画像の右上のもの↓
1103asa

何か部屋のお風呂、温泉が出るんだったみたいで…
溜めました、お湯。

チェックアウトまでにチョロっと入って。
10時チェックアウト。


これからバスの時間までが半端にどうしよう、って感じで。
歩いてダムまで行くには時間がきついし、結局お茶でもして時間潰すか…っていうんで歩いていった。
昨日は空いてて私たちしかいなかった焼きまんじゅうの店がものすごい混んでてびっくり。
向かいの喫茶も外まで人待ちがある。
ひゃぁ…。

グランドホテルを超えて上っていっていくと、
千と千尋の神隠しのモデルじゃないかという旅館が…。
千と千尋の~宿

まぁ千と千尋観てないから分からないけどね。

基本ジブリ苦手です、主に棒読みの声優が。
ヘタだな、ヘタだな~…って、ずっとイライラ!
そっちが気になって物語に集中できない。
なので記憶でちゃんと観たかな?!っていうのはナウシカとトトロくらいだな~。
(それでもイラッとしたような記憶はあるけど…)

さらに上って行く、この上の方にカフェテラス摩耶というところでワッフルセットが食べられるようだ。
おなか空かせて行くさ、11時にはまだ時間あるし…。

着いたらまだ11時前、少し先に東屋みたいな所があるので休憩して11時を待つ。
(足湯できるみたい)

11時は過ぎた、がしかし!真っ暗なままだね。
友人が中を覗き込み準備してる様子はない、と………。

今日は日曜日です。
3連休のど真ん中です。

何かほんと意味ないよね、このチラシ

そこからまた降りてきて、バス乗り場でもあるグランドホテルまで。
ここでもスイーツフェアしてるみたいだ、さすがにホテル内の喫茶やってるようだし、時間ココで潰すか、ホテルならお土産も扱ってるよね、後で見たいな…。

名前はどうかと思うけど…ティファニーの楽しみというゴマだれの中にアイスと白玉。
ちょっと甘いけど、美味しかった。
ごまだれ団子とアイス
茶がまずい!
せめてこの手のセットならもう少し……抹茶入ってる安物でいいから。
これ草だ。
会社で一番安いの買うとこういう茶の風味のない草の味のお茶だよね。
ごまだれ団子とアイス2
ゴマ味結構強いし、これでもう少し甘さ控えめならよかったのに。

お手洗いに立つついでにお土産観てくる、と行ったら閉まってた。
あ…そ。
まぁチェックアウトの時間過ぎると閉まるとこもあるけどさ。

ここバス停にもなってるし、他のとこ土産屋っていう感じのとこも少ないからやっててくれても………。

時間もまだまだだし、ついでにお昼も食べるか……ときのこうどん注文。
きのこうどん
コシのあるうどんで思ったより美味しかった。

どこかで会社にお土産買いたいなぁ…温泉まんじゅうは絶対食べないしなぁ…と思いつつ外へ。
お隣高田屋というところでおいらんふろうという豆を購入。
職場の人はあまり甘いものは食べない…いっぱい買っても仕方ないから二つでいいや、と。
(結構評判が良かった、美味しい、って。逆に私は食べてないので分からない^_^; )

本当は焼きまんじゅうの土産が欲しかった。
銀泉茶屋に土産ないかな~って覗いてはみたんだけど、
ぱっと見外からは見えなかったので…ホテルはやってなかったし。

バスの時間になって乗り込んでぼおおおっとしながら気がつけば高坂SA。

もしかしてもしかして…と思ってお土産コーナーへ。
あったあった、土産用焼きまんじゅう。
家でも食べられるという^_^;

ついでにここでも焼きまんじゅう買って食べました。
そして美味しそうだったので小川町コロッケ(だったかな?)購入。
サクッとしててシンプルで美味しかった!

そのまま渋滞も殆どなくほぼ定刻通りに東京駅に到着。


四万の温泉はよかった、私には合う温泉だった。

だがしかし、うん……。
スイーツ巡りと銘打たれた企画には物申す、って事で。
ついでに500ml200円もナシだ。

2013北海道ツーリング72013年09月20日 23時05分05秒

9月6日

登別から苫小牧まで

朝ごはんもバイキング、残念なのは昨晩あったパンケーキが朝食にないこと。
朝食

そして訳の分からない選択。

朝10時結構ギリギリなチェックアウト。
R2を通って洞爺湖へ。
この道峠境にこちら側嫌いだわ、この縦に溝のある道路が!
溝

展望台のようなところがあるので休憩。
オロフレ峠?1

見晴らしいい。
オロフレ峠?2

オロフレ峠?3
昭和新山?

峠を越えたら溝のない道に変わっていった。
R2からR453に左折、道の駅 そうべつ情報館i で休憩。
あ、牧家の飲むヨーグルト、マンゴー見たの初めて。
ヨーグルトドリンク

道の駅のすぐ近くのホクレンのガソリンスタンドで給油、
初めてのフラッグ購入。
途中さして走ってる人がいて、今年デザインいいじゃん!ってことで購入したんだけど、地区別の絵柄だったようでその人の絵柄とは違った。
ちょっと残念。

洞爺湖へ行く一歩手前の交差点近くにシフォンケーキのお店がある。
ここでシフォンケーキ、購入…だけじゃすまなくてちょっと食べていくことに。
シフォンケーキ
カナルビューカフェ/CANAL VIEW CAFE

あっさりした甘みで美味しい。
友人がプレーン、私がゆず。
ゆずはもう少し強くてもいいなぁ…と。
あとハーブティを頼んだんだけど、私はこの手のはちょっと…苦手だった。
甘い匂いの花のお茶が好きじゃない。

お店の人に見晴らしいいところあるから行って見れば?
バイクならすぐだと思うから、と言われ行くことに。
壮瞥公園へのみち
あははは、道が~(^_^.)くねっくね。
対向車来なくて良かった~。
壮瞥公園3
ここは公園の手前のとこ。

見晴らしは良かった。
壮瞥公園1

壮瞥公園2

壮瞥公園4
コスモスが咲いている。

アレに見えるは…ウィンザーホテル?
ウィンザーホテル
遠かったので望遠で撮ってみました。

左折して少し戻ってR2からR230、支笏湖方面へ。

サイロ展望台というのがあったので寄ってみた。
サイロ展望台5
結構大型バスも多い。
サイロ展望台1

サイロ展望台2

サイロ展望台4

マップルで途中きのこ汁100円という表記を見て、ココ寄ろう、と言っていたのだが、あれれ?R230からR276に曲がって割りとスグだった印象をもっていたのに、一向に出てこない。

勘違いしてた……、二人して。
結構先だった。

きのこ王国、きのこ汁100円
きのこ王国

そして隣は道の駅フォーレスト276、お昼ごはんをここで食べることに。
既に時間は3時近い。
フォーレスト276大滝1
大々的にピザの宣伝があるので、ピザを注文。

釜がある!
フォーレスト276大滝2
薪だ?!

3種のチーズのピザ
フォーレスト276大滝3

思ってたより美味しい。
生地ちょっと味気ない気がしたけど、でも十分。

あ、この道の駅、ものすごくトイレが綺麗だった。
ってか、おしゃれ?だった。


R276.453で支笏湖方面へ。
途中美笛峠あたり滝笛、春~冬笛橋のあたりが見晴らしよかった。

最初R453からR117で千年に行こうとしたんだけど、
時間的にちょっと押しているのでR16で行くことに。
支笏湖4
支笏大橋
支笏湖2

R453を途中まで行って、湖畔で休憩。
支笏湖1
見学をしてから少し戻ってR16に。
この道工事箇所があって片道交互交通になっていた。
2年前きたときも工事してたような……。

千歳空港に到着。
千歳空港

前回とは違う駐輪場。
        ここ↓
千歳空港2

ここでお土産を買って荷物も一緒に送ってしまえ、と。
意外にも人が多くてごった返しで買い物が大変。

曜日のせいもあるのかな?
何故か、何か焦りながらお土産購入。
ヤマトのところへ持っていったら月曜着になるといわれ、
「日曜に着きませんか?」と聞いたら「6時にもって行くんですよ、なのですぐ詰めてもらえれば」と…、時間は6時5分前くらい、二人して速攻詰めました。

とりあえず、間に合ってよかった。
あとはここで夕飯とお風呂。

とりあえずお風呂の場所と料金等確認をして、夕飯を食べることに。
スープカレー、Lavi。
Lavi
左、友人はエゾジカ 右、私は…なに食べたっけ?野菜とチキンとかだと思うんだけど。
しっかしスマホでお互いとっているんだけど色が随分違うなぁ……。
前回札幌駅近くで食べて美味しかったので、あるなら行きたい、と行くことに。
焼いてある野菜が美味しい、ってかブロッコリー美味しい。


夕飯食べておなかがいっぱいになっているけど、じゃがりこ…ポテりこが食べたい!

今食べるのか?と自問自答しながら、でもここでしか食べられないなら食べたい。
芋好きだし!!
……7時半までで「作る」系のものは終了と貼紙。

………………。
友人が確認してくれました、何種類かは作ってくれるという事で、
ぽてりこチーズ味1つ頼みました(*^_^*)
ぽてりこ

腹苦しいといいつつ、芋を食べる。
うん、苦しい、けど、美味しい。
チーズ味はあまり塩気がなくて、クリーミーな感じ。

とりあえず満足!!

新千歳空港万葉の湯はゆっくり過ごすのにいいかも?
あっという間に出てしまうのが少しもったいなかった。
万葉の湯でお風呂に入ってから苫小牧に移動。
既に外は真っ暗。

下道で苫小牧まで走って船の手続き。
まだお土産屋さんがあいている!!
買い損ねたものがあるので1つだけ買い!!

一時過ぎに出航だけど、11時ちょい過ぎくらいには中に入りました。
だいせつ1
結構外で待たされた。
移動ちょっとしたままずうううっと止まってまっていた。
だいせつ2
驚きの停め方。

今日はもうこのまま就寝。

走行距離:211.8km

2013北海道ツーリング62013年09月16日 13時15分59秒

9月5日

帯広から登別まで

どういうルートで行こうか?と言ってたんだけど、
この天気じゃ襟裳岬行ってもダメだろうという事で、R38狩勝国道へ。
R38
走り易い道だしいいじゃん。

登坂車線で走って上って行く。
R38のぼり

トンネルを抜けると休憩ポイントがあった。
狩勝峠2

狩勝峠PAでバイクを停めたら……、
何か風がひどいんですけどおおおお、いきなし強くなった気がするんですけどおお。
狩勝峠3

見晴らしはいいかも知れないが、風すごい。
狩勝峠1

峠を下ってまっすぐ進んでR1117へ左折。
今回山とか峠とかでまっすぐな北海道らしい道がない、と嘆いていた友人だけど、
ほれ、ここまっすぐだ。

…………この道間違っとる。
Uターン。
いい道だったけどね。

別にこのまま進んでも良かったんだけど、一応かなやま湖脇のルートがオススメになっているから。
R38を進んで…また間違えた。
右折する所をまっすぐ行ってしまった、ってことでUターン、R465へ。

地図上にあるラベンダー越しに湖が見えるという場所へ。
かなやま湖畔

既にラベンダーの季節ではないと思うけど、匂いがある。
種類によってはまだ咲いてるのかな?

いい匂い。

R465からR237へ左折。
R237

道の駅自然体感しむかっぷで休憩。
カットメロン、とうもろこしで小腹を満たす。
夕張メロンと占冠メロンっていったっけなのカットを食べ比べ。
占冠メロンのが美味しい。


R610を通って、R274へ。
そして北海道物産センター夕張店
メロン熊生息地、となっている。
メロン熊2

中に入ると……メロン熊以外めぼしいものがない。
メロン熊

お土産品も殆どない。
いや、物産センターっていうから結構色々あるのかと思って期待してたんだけど、
メロン熊のグッズがメインで少しの夕張メロンとかのお土産だけ……。
ちょっとびっくり。

とりあえず少し先にある道の駅夕張メロードで休憩することに。
道の駅夕張メロード

何だろう、これは道の駅というか……、
スーパーだ、完全に。

あとは夕張から高速に乗ってひたすら登別まで。
何かいい天気なんだよな、うれしいけど。
高速2

登別東ICを出た交差点
登別東IC

救いは雨が降らなかったこと。

明るいうちに宿到着。大体4時半くらい。
登別グランドホテル
登別グランドホテル
温泉を堪能したくて登別まできたんだからゆっくり入りたいなぁ。
登別グランドホテル

何か今日は団体さんがいるからバイキングは2交代制で、5時半から7時までか7時半から9時までになっていて、前半の方が空いているとの事でした。
なので、早いんだけど、5時半からの夕飯に設定。

ご飯の前にすっきりしたくてお風呂に。
中国の団体さんがいるせいか、洗い場のところにタオルがぐちゃと放置されている所が多い。
でも昔よりいいよね。

温泉は3種類だった。
硫黄、鉄、塩。
温泉は滝本旅館の方がいいかなー、2年前夜中に本館入った時5種類くらいあったような気がする。
やっぱ、今度は滝本行って見ようかな。
(前は滝本インだった)

夕飯のバイキングは楽しみにしてました。評判良かったので。
夕飯1
ついオニオンリングをこんなに……。
イカは柔らかくて美味しかった、ステーキも美味しかった。
トマトも丸いタイプのほうが甘くて美味しかった。 細長いのは調理用みたいな味・
夕飯2
友人はビーフシチューが気に入ったそうです。

カニがいっぱい積まれていた。
夕飯3
お味はまぁこういうところに山と積まれているかにだしね。
夕飯5
ステーキと旭川ラーメン

左下のパスタは自由に量を取れるわけではなくて、小分けになっていた。
夕飯6
チーズのパスタ楽しみにしてたんですけどねぇ、その場であの大きなチーズに温かいパスタを絡めるのかと思ってたけど、冷めたやつが小分けでおいてあった。
http://www.nobogura.co.jp/dining/viking-dinner.html  (←夕食バイキングの写真)

夕飯4
最後のデザート。
マンゴープリン、杏仁豆腐、フルーツゼリー
うん、まぁ こんなもんだよね。

夜 観光にでも出ればよかったんだけど、私はおなかが苦しくて横になっていました。

その後またお風呂に入って就寝。

走行距離:298.6km

2013北海道ツーリング52013年09月15日 17時46分31秒

9月4日

川湯温泉から帯広まで

朝外を見るといまいちな天気。
雨は止みそうだけど、多分曇天なままなんだろうな…。
窓からの景色
部屋からの景観↑

どういうルートで帯広まで行くか…。
結局釧路経由で行く事に。

川湯温泉を出てR52で摩周湖方面へ。
R52摩周湖

雨が降ってきたし、このままだと展望台行っても何も見えないだろう…、
という事でそのまま素通りしてきた。
R52摩周湖

下に降りてきたら雨は止んできたけど……。


R391で釧路方面へ走り始めるとまた雨が降りだしだ。
今日はもう降ったり止んだりかな……。

ひたすら走ったあと、釧路湿原道路へ。
釧路湿原道路1
ここ何も見えないのが何かなぁ…、湿原道路っていうなら見せて。

釧路湿原道路2
たま~に隙間で見えるって感じだよなぁ。

R38に出て、道の駅しらぬか恋問で昼食。
しらぬか恋問

友人は豚丼。
ぶたどん

「……今日夜豚丼食うって言ってなかった?」
「食べ比べるの」

まぁ!

私はカツカレー
普通のカレーがなかった。
カツカレー

これ、美味しい。
味濃いけど、うまいよこれ?!
カツも結構美味しいよ?

道の駅でコレだけ美味しいとは!
ちょっとびっくりでした。

周りを見ると結構カツ定食みたいなの頼んでる人多かった。

恋問うみ
晴れてれば綺麗かもね~。


R38からR73でワイン城へ。
R73
この道結構好きだけどねぇ、下ったと思ったら上るという。

ああ、青空だ
R73青空

池田ワイン城が見えてきた。
ワイン城
なぜ?
ど真ん中に止まってるの????
なぜ?

試飲が出来ないのが悲しい所だ。
ぶどうジュース3種類買った(^.^)
ワインは親に6本買ったせいか自分のとこに送るのがイマイチ少なかったような…。
お土産用とジュース、ワインは3本。内2本が小さい(^_^.)
まぁスパークリング狙ったせいもあるんだけどねぇ。
お店の人に「甘すぎず辛くない白のスパークリングないか」ってw
かなり限られた。

中から外を。
池田ワイン城から2

いつも思うけど、空が広いね。
池田ワイン城から

ワイン城を出た時点で結構時間が経ってる。

またチラついてきた…。
帯広駅近くの宿、ふく井につくころには3時半過ぎてた。
ふく井ホテル
右手奥  この左の茶色いのはパコ


早めについて六花亭行っておやつ食べたかった。
豚丼が2年前すっごい行列してたから……早めに行って~、なんて考えていたから。

一応汗を流して…六花亭へ。
あれ?2年前あったオブジェがない。

とりあえずパイ。
六花亭3パイ

六花亭2

そしてソフトクリーム。
六花亭4そふと

食べている間に雨が降ってきた~。
あー傘ない……、と嘆いていたらお店の人が貸してくれた。
「どこかの六花亭か次来た時でいいですよ」と言ってくれた。
裏から出ると、あ、バイク。
六花亭1
駐輪場があったのか…。


雨が結構強くなってきたのでセブンイレブンでビニ傘購入。
返しに行きました。

冷蔵品をひとつ、食べてみたくて買いました。
六花亭5ぶどう
ぶどうをそのままホワイトチョコでくるんでるって感じのチョコ。
六花亭6ぶどうちょこ
さすがに割った写真は撮れなかった。


そのまま豚丼のぱんちょうへ。
あれ?並んでない。
中は?と思って覗くと空いてる。

おりょ?

まぁ空いてるならいいか…と思ったけど、よく考えたら後にすれば良かった。
六花亭でアレだけ食べた後で腹減ってないし、ってか腹いっぱいだし。

でも来ちゃった頼んじゃった。
ぱんちょ豚丼1

まぁ仕方ないね。
ぱんちょう豚丼
友人が頼んだ豚丼は一番枚数が多いもの↑
ご飯の中にも一枚入ってるそうです。

食べ比べた結果は?と聞いたら
道の駅のがいいかなぁ?
だって腹がいっぱいで…という事でした。

こういうのって過度の期待ってないよね。
こんなもんか、って。
結構バサついてる肉だし。

うわ!おいしい!!っていうのがあるなら食べてみたいけど。
(ハセストのやきとりはうまっ!と思ったなぁ…コンビニから消えてて買えなかったけど)

ご飯を食べ終えて宿へ。
宿が近いのがいい。


帯広の宿を決める時にまたパコにしようか?と言う話もあった。
温泉がついてる部屋がまだ空いてる、どうしよう?だったんだけど、
ふく井が源泉かけ流しだったのでそちらに。

走行距離:226.8km

2013北海道ツーリング42013年09月14日 19時07分07秒

9月3日

旭川から川湯温泉まで。

=愚痴===
全部仕上がったとこで癖が出た。
写真1枚消すのにBackボタンおして全部消えた。
自分が悪いけど腹立たしい、何とかして欲しいわ。
戻りますか?とか聞いて欲しいわ、くっそー
=====


R39で北見方面へ。
R39

した道でそのまま行くつもりが「通行無料」の文字に釣られて
旭川紋別自動車道で上川層雲峡ICまで行くことに。
1車線でところどころ追い越し車線が出てくる。

間にPAはなかった。
トイレ行きたいなぁと思いつつIC降りたら
トイレあっち→という案内があってありがたかった。
標識

ちゃんとしたトイレで更に有難かった。
トイレ


そのままR39でひたすら北見を目指す、層雲峡の滝とかは今回はパス。
降りるまでは晴れてたのに滝あたりにきたらまた雨。
層雲峡あたり


途中「道の駅おんねゆ」でむしやしないでホタテ串を食べた。
道の駅2
もしかして道の駅じゃないのかな?併設の別のもの?
駐車場挟んで奥にまた別の建物。
下の時計のところ「果夢丼」と入口の屋根に書いている。
道の駅

R39北見を過ぎたあたり…かな?
R39

記憶って曖昧だ。

2年前ご飯を食べたレストランオホーツクは北見に着く前にあったと思っていた。
北見を過ぎてからもうこの先はないだろう、っていう所で現れるとは……。
レストラノホーツク

レストランオホーツク

2年前と同じ塩焼きそばを注文。

塩やきそば
友人のカメラと私のカメラでえらく色が違う。友人↑私↓
塩焼きそば2

何か2年前のが美味しかったような。
具は増えたような気もするけど、焦げててかたくなっている。


天気も良くなったし、暑いし、カッパを脱ぐことに。
R39
すっごく久々に脱ぐ気がする。
北海道来てからずっとカッパ着てたような…。


美幌国道へ行こうとして1本間違える。
けど、これこのまま行って曲がればいいんじゃね?って話しになった。

問題なし。

木の間の道を走ってると結構な勢いで車が迫ってくる。
R243

はえええよ。
避ける。
トラックが迫ってくる。
だからはえええよ。
避ける。

という具合に走っていたら峠に近づいて何だかガスってきた。
うわ、真っ白で見えない。
美幌峠

回りも見えないどころか少し先友人のバイクもヘタをすると見えない。
真っ白だぁ。
ぐるっとパノラマはどこですか?近づかないと看板も道も見えない。

峠前後が結構ガスってた、下り始めて暫くしたら霧が晴れてきたと同時に天気が怪しい。
屈斜路湖の観光パスしてそのまま川湯温泉へ急ぐことに。

川湯温泉までモツかな?と思ってたら降ってきたきた…。
川湯へ

……グローブ変えて上だけ着たいな、と。

暫く走ると小雨にはなって小雨のまま宿についた。
御園ホテル
御園ホテル
バイクを入口脇の軒下に停めて、
荷物を降ろしている間に土砂降りに。
御園前

良かった、本降りになる前でよかった。

とりあえず風呂入ってご飯だ
御園夕飯
刺身は友人に少し、あと↓に入った。
御園夕飯2
ちゃんちゃん焼きだそうです。
シャケとタラかな?美味しかった~。

温泉も硫黄泉えがった。

走行距離:252.2km